北欧のいなか暮らし

スウェーデン在住。スンスバル>ハヴェロ地方>ストックホルムという感じで3箇所を行ったり来たりしながら暮らしています。あまり知られていないスウェーデンのちょっと北の方でのいなかの暮らしを中心にご紹介しています。

見送り。

5日のお昼にお友達がストックホルムへ移動する予定になっていたので

スンスバルのちいさい方の駅へ送って行きました。

 

 

11分発の電車で

お友達が窓越しに「行っていいよー^^!」と合図してくれたので

じゃあねーと手を振って歩き出したものの

ホームの時計を見ると10分。

ホームでずっと見送ってるのも気を遣わせるかなと思い

「あと1分で出発なら通りに出て、そこから電車を見送ろう」と思って

通りの端に立って見ていました。

 

でもスウェーデンの電車あるあるですが

なかなか出発しません。

特にアナウンスもないようなので

少し遅れてそのうち出発するだろうと待っていました。

 

私はスマホを持ってき忘れていて時間がわからず

それにしても長い間動かないなぁと思いはじめ

「ちょっと帰って電車の遅延状況を調べてからまた来よう」と一旦帰宅しました。

 

 

帰って時計を見ると

既に予定時間から30分以上も発車せずに停車していたことを知りΣ(゜□゜)

急いで遅延状況を調べてみると

私がアパートへ帰っている間に出た模様。。。

「このまま順調に行って、どこかでまた遅れが出なければ乗り継ぎの電車になんとかダッシュで間に合うかな」と思っていると

お友達からメールが来ていました。

 

なんとスンスバルで電車がストップしてしまったようで

そこからバスに振り替えになったとのこと。

ストックホルムは知っていた彼女ですが

そこから離れたことはなかったので長距離列車も今回が初めて

なのに遅延にまで遭遇してしまい

不安だったことと思います(*_*)

 

私も電車がストップして助けに来てくれた他の電車に乗ったとき

同じ状況でしたが

彼女の場合もバスに振り替えがあったものの

そのバスも特別臨時便という感じではないので

元々乗っているお客さんがいるし、同じように電車から乗り換えたお客さんもいるしで座れなかったとのことでした(><)

 

でもなんとか乗り換え地点からも

別の電車に乗り継いで

無事ストックホルムへ到着したとのこと。

良かったです(><)

 

 

彼女も私もWi-Fiがあるときだけスマホが使えるという状態なので

私のパソコンのアドレスに連絡をくれるのですが

だからすぐに気づけないこともあったりで到着連絡が来るまで私もどきどきしていました。

 

彼女がバスに乗っている間はWi-Fiがなかったようなので

その間に私も買い物へ。

この日も徒歩でスーパーへ向かいました。

f:id:lottakanon:20180112192833j:plain

また雪が増えています。

 

 

スーパーから出てくると

更に暗くなっていました。

f:id:lottakanon:20180112192928j:plain

f:id:lottakanon:20180112192931j:plain

f:id:lottakanon:20180112192937j:plain

f:id:lottakanon:20180112192939j:plain

f:id:lottakanon:20180112192944j:plain

f:id:lottakanon:20180112192945j:plain

数日前はここをお友達と滑りながら歩いたので

1人で歩いていると

急に日常に戻ったような気がしました。

 

「北の山」と呼ばれるところに

暗くなるといつも

キャンドルのかたちのイルミネーションが灯ります。

これをお友達が撮ろうと頑張っていたのを思い出し

私もやってみました(笑)

 

スマホのカメラで暗い中遠くを撮るのは難しいですね^^;

f:id:lottakanon:20180112193203j:plain

f:id:lottakanon:20180112193202j:plain

 

翌日にはヨーランとヨーランの娘Sと息子A、それから娘Sのお友達がアパートに来て合流することになっていたので

私はせっせとお洗濯を。

そして学校としては8日まではお休みだったのですが

ちょっとでも今のうちに進めておきたくてSFI(移民用のスウェーデン語学校。私は通わなくて良いディスタンスで勉強しています)の勉強をしていました。

 

日本からお友達が来てくれて楽しかった年末年始。

 

さて

これからまた日常に戻るんだと実感しました。

 

 

今年も楽しみながら

のびやかに淡々と

がんばりたいと思います(*^^*)