ヴィンテージの時計。

ヨーランの叔母さんとの買い物当日

まずは叔母さんのお家までお迎えに行きました。

 

 

叔母さんのところで使っていない時計なんかを

引っ越してまだ足りないものがある私たちが使えそうなら

持って行っていいよと言ってくれていたので

それも見せてもらいがてら

まずお家の中へ^^

 

 

 

キッチンに時計が欲しいと思っていたので

まず時計を見せてもらいました♪

 

 

60年代の時計。

本当は赤だったのですが

叔母さんのお友達が白樺でカバーを作ってアレンジしたものです。

70年代にこういう白樺ブームがあったのだそう。

 

ヨーラン的には

オリジナル(60年代の赤のまんま)が失われてしまったことが

とっても残念だったみたい。

でもこれはこれできれいだなぁとも思うし

頂きました(*´u`*)

 

下についている小さな時計みたいなのは

タイマーです。

タイマーつきだなんて

キッチンにぴったり♪

f:id:lottakanon:20171001063926j:plain

ヨーランのおじいちゃんだったか

叔母さんのおじいちゃんだったかが

「時計は外に近い方の壁にかけるものだ」

と言っていたのだそう。

 

なんでだろう?

とヨーランも興味を持って調べたりしていましたが

結局理由はわかりません(笑)

 

個人的には

陽が当たって反射すると

見えづらいからかしら?とこっそり思いましたが

発想が現実的すぎるかなと思って何も言いませんでした^^; 

 

 

 

そんなこんなで

私たちもキッチンの窓側の方の壁に取り付けました。

 

さっそくヨーランがねじをまわしてみると

チクタクと動きだします^▽^

 

 

それを見て叔母さんもびっくり!

「30年間動かなかったのよ(*_*)」って。

 

 

ヨーランも

「ついに住処を見つけたんだね^^」と嬉しそうでした。

 

 

 

でも数時間後

音が聞こえないなぁと思って目をやると

止まってた^^;

 

やっぱり修理が必要なようです(笑)

 

 

 

でも

うちに来てくれて嬉しい^^